精神科医を目指す医大生の備忘録

精神科に興味あるけど、どうやって勉強したらいいかわからない。という悩みを解決するために医師国家試験を解説しつつ、勉強していくことにしました!一般の方でも解けちゃったりするので、ぜひともお付き合いくださいませ!

MENU

今年の医師国家試験を解いてみました!~115回医師国家試験の感想

本番は知力だけでなく、体力も重要!

先日、今年の2月に行われた医師国家試験を自分で解いてみました。

自分は今5年生なので、本番は来年なので実力的には厳しい部分があるのですが

 

敵を知り、己を知れば百戦危うからず

f:id:d_lemon:20210225180952p:plain

ワンピースのイラストを使いたかっただけです(笑)

 

なんてことわざもあるので、最新の敵の情報を収集するために解いてみました!

ちなみに、ネタバレ情報もあるので、もし医学部生の方で、ネタバレ嫌な方はご注意ください<m(__)m>

 

また、各種予備校の総評を読んでしまうと、そっちに引っ張られそうなので、予備校の総評を読む前に感想をまとめました!

なので、アホみたいなことを書いてるかもですが、ご容赦ください<m(__)m>

 

解いてみた感想は「The 疲労(*﹏*๑)…」

医師国家試験の概要については以前こちらに書きましたが、

www.d-lemon.site

 

スケジュールに関しては以下のようになっています! 

  ブロック 時間 出題数
1日目 A 各論 165分 75問
B 必修 95分 50問
C 総論 150分 75問
2日目 D 各論 165分 75問
E 必修 95分 50問
F 総論 150分 75問
合計 6ブロック 13時間40分 400問

※すべて5択の選択問題

 

合計400問、13時間40分の長丁場

 

いや~、、、とにかく長かったですね。

2日に分けて解いたのですが、両日とも最後の方になってくると、頭働かずに最後は感覚で解いてましたね(笑)

本番はケアレスミスに気を付けたいと思います! 

 

医師国家試験は知力だけでなく、体力も必要な試験だと感じました。

 

また、今回は自宅でリラックスして解きましたが、本番はここに「国試落ちたら、ただの医学知識豊富なニートになってしまうというプレッシャーがかかるので、疲労感は一層増すのだろうと予想されます。

 

一年前に体験できてよかったです(笑)

 

ちなみに時間は余ることが多かったので、本番は見直しの時間も割けそうで一安心です(;^ω^)

以前こちらにも書きましたが、自分はセンター数学のようなタイムアタック系の試験は苦手なので💦

人生で一番うれしかったことは私大医学部の一次試験に通ったこと~国試まであと1年なので5年前を振り返ってみた - 精神科医を目指す医大生の備忘録

 

難易度は例年通り?

内容については、解く前にネタバレされたくなかったので、しばらくツイッター断ちをして情報遮断していたのですが、それでも去年の114回より難易度が上昇したという話はちらほら耳にしていました。

 

ただ、解いてみた感想は、「わからない問題はわからないし、解ける問題は解ける」という感じで、個人的には例年通りの印象でした。

むしろ、数年前の111回とか112回が難しすぎたので、その頃に比べるとここ数年は比較的一定水準の難易度に収まっているのかな?という印象でした。

 

難しくはないけど、解きにくい(^^;)

とはいえ、全体的に解きにくいな!と思いました。

例えば、

メタボリックシンドロームの診断基準に含まれるものは何か?

 と言われたら、

男性なら腹囲が85㎝以上が必須で、収縮期血圧が130以上で~

といった一対一対応で答えるだけで大丈夫です。

 

一方で、

56歳男性、会社の健康診断で異常値が出たため受診した。

血圧は~

LDLコレステロールは~

(以下略)

といった長い患者情報が書かれた問題文を読んで

「この患者さんはメリックシンドロームかどうか判断せよ?」

 

と言われると、上の1対1対応の問題よりも少しレベルがあがりますよね!

 

ちなみに、実際にメタボかどうか診断する問題はFブロックの72番で出題されました!

医師国家試験 115F72
42歳の男性。職場の健康診断で異常を指摘されて来院した。
現病歴:20歳代の頃は体重 68 kg程度であったが、32歳での結婚を機に徐々に増加し、特にこの3年で 10 kg増加した。現在の体重は過去最大である。
既往歴:特記すべきことはない。
生活歴:喫煙歴はない。飲酒はビール 500 mL/日。仕事は事務作業で通勤以外の運動習慣はない。
家族歴: 父親が糖尿病、高血圧症、脳梗塞
現症: 意識は清明。身長 173 cm、体重 82 kg、腹囲 98 cm。脈拍 68 /分。血圧 146/92 mmHg。腹部は平坦、軟で、肝・牌は触知せず、皮膚線条は認めない。四肢に浮腫を認めない。皮膚の非薄化を認めない。
検査所見:  尿所見:蛋白(₋)、糖(₋)、ケトン体(₋)。血液所見:赤血球 465万、Hb 14.6 g/dL、Ht 46 %、白血球 6,800、血小板 28 万。血液生化学所見:AST 38 U/L、ALT 78 U/L、γ-GT 52 U/L(基準8~50)、尿素窒素 19 mg/dL、クレアチニン 0.9 mg/dL、尿酸 6.8 mg/dL、空腹時血糖 116 mg/dL、HbA1c 6.2 %(基準 4.6-6.2)、総コレステロール 264 mg/dL、トリグリセリド 212 mg/dL、HDLコレステロール 34 mg/dL、Na 141 mEq/L、K 3.5 mEq/L、Cl 98 mEq/L。

この患者について現時点で判断できる異常はどれか。3つ選べ。
a 糖尿病
b 高血圧症
c 高尿酸血症
d 脂質異常症
e メタボリックシンドローム

予想される正解は以下になります。

正解はこちらをタップ

b d e

 

こういった、試験問題での解きにくさ(≒どれだけ思考する必要があるか?)はタクソノミー(評価領域)という考え方が背景にあるそうです。

 

タクソノミーには、Ⅰ型~Ⅲ型まであるそうで、Ⅰ→Ⅱ→Ⅲに進むにつれて、より高い思考力が求められるそうです。

 

それぞれは以下のようにまとめられます。

Ⅰ型は想起→単純な知識の早期によって解答できる

 

Ⅱ型は、解釈→設問文で与えられた情報を理解・解釈して、その結果に解答する問題

 

Ⅲ型は、問題解決→理解している知識を応用して具体的な問題解決を求める問題。設問文の情報を解釈(1回目の思考)するのみでなく、各選択枝の持つ意味を解釈(2回目の思考)をしないと解答できない問題

タクソノミーについて詳しく知りたい方は、下記でわかりやすくまとめられています!

医療系国家試験の流行りタクソノミー|Dentalobo|note

 

近年の医師国家試験では、タクソノミーⅡやⅢの問題が増えているので、問われている知識レベルはこれまでと大きくは変わらないが、一見すると解きにくい問題が増えているのではないのかな?と感じました💦

 

実際に今回解いていて、「病名は何かわからんけど、たぶん問題文の空気から察するに、正解はこれかな~?」という感じで自信を持って選べない問題が多かったです。

 

自信を持って選べる問題が少ないと、試験中不安になるので、この傾向は受験生的にややつらいものがありますね。

 

医師国家試験の完成度はめちゃ高い!

受験生には解きにくい問題が増えている気がするとやや文句を書きましたが、

 

「医師免許を与えるかどうかの試験」という観点から捉えるとすばらしくクオリティの高い試験だな!と思いました。

 

1問1問にフォーカスすると、「こんなマニアックな知識を出されてもわかりません( ;∀;)」と突っ込みたくなりますが、全400問トータルで考えると非常にバランスよく出題されており、また問題のクオリティも高いなと感じました!

 

受験生という立場からすると、簡単な問題ばかりの方が当然ありがたいですが、

 

医師という職業は、誤った診療をしてしまうと患者さんを命の危険にさらしてしまう職業です。

 

なので、自分が患者さんの立場だったら、きちんと質の担保された試験に合格した医師に診てもらいたいので、そういう観点から見れば、医師国家試験は医師免許を与えて良いかダメかを判断するすばらしくクオリティの高い試験だと感じました。

※もちろん、合格率が例年90%程度というのは賛否両論ありますし、厚労省の最新の医師国家試験に関する見解から察するに、今後はコンピューター形式の試験等に置き換わり、より精度の高い判定基準になっていくものと予想されます。

 

なので、日々の勉強では色々と国試問題に悩まされていら立つこともあるかもしれないですが、見方を変えればすばらしくクオリティの高い試験だと思うので、真摯にあと1年間医師国家試験に向き合っていきたいなと思いました!

 

最後に今年の医師国家試験のトピックをピックアップ!

イヤホンで爆音で聞いていたら28歳でも難聴になる!

115A55
28歳の男性。両耳の耳鳴を主訴に来院した。1年前から高音の耳鳴と軽い難聴を自覚していたが、会話に支障はなかった。
耳鳴が徐々に増悪してきたので受診した。小児期から現在まで耳痛、耳漏の自覚はない。片道2時間の高校・大学の通学時には、大きな音量で音楽をイヤーフォンで聴いていた。社会人になった後も、通勤時には毎日3時間はイヤーフォンで音楽を聴いている。両側の鼓膜は正常で、側頭骨CTでも異常を認めなかった。

去年は、レッドブルなどエナジードリンク飲みすぎで倒れた患者さんの問題が出ましたが、「今年は若い頃から爆音でイヤホン聞いていると難聴になる」という社会的メッセージの強い問題が出題されましたね!

 

自分自身も気を付けたいと思います(;^ω^)

 

ぶどうジュースを飲むとうんこが血便様になる?

115D21
11か月の男児。今朝、血便様の便があったため母親に連れられて来院した。それまで下痢や嘔吐はなく、ずっと機嫌はよい。食欲はあり水分摂取も良好である。昨日、初めてブドウ果汁入りジュースをたくさん飲んだとのことである 。浣腸を行い、便性を観察したところ赤紫色の軟便であった。身長 75.1 cm、体重 9 kg。体温 37.0 ℃。脈拍 108/分、整。SpO₂ 98% (room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟。便潜血検査は陰性。腹部超音波検査で異常を認めない。
患者の家族への説明として正しいのはどれか。
a 「抗菌薬を処方します」
b 「生理食塩液の点滴をします」
c 「圧をかけた浣腸による整復が必要です」
d 「血液検査で貧血の有無を確認しましょう」
e 「ブドウ果汁入りジュースをやめて、明日の便を観察してください」

血便だとやばいですが、ブドウ果汁でも血便様になるので、経過観察で良いという問題です。

 

言われてみればそうなのかもしれないですが、試験本番に「ぶどうジュースで便が黒くなるの???」と不安な気持ちになった受験生も多かったと思います。

 

なかなか自信をもってeは選びにくい問題ですね(^^;)

 

これ以外にも精神科問題も色々トピックがあるので、そちらは後日別の機会に紹介したいと思います!

 

いずれにせよ、115回を自分で解いたことで、また来年の国試への決意を新たにできたので日々コツコツ頑張っていきたいと思います!(^^)!

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

もしよろしければ、励みになりますのでポチリとお願いします!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ

 

お問い合わせ  プライバシーポリシー